『スポンサーサイト』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |
『サリーちゃん』
最近、サリーの元気が無い。
昼間はほとんど寝て過し、夜は起きてか細い声で鳴くそうだ。
(身体に痛みがあるのか、淋しいのか、痴呆症状が出て来たのか)
起き上がってもヨタヨタしてるし、食も細くなっている。
そんな姿を見ている家族はそれだけで辛いようだ。
私も行くと同じ・・・正直、もう永くないのだろうと思ってしまう。
少しでも撫でてやりたい、抱きしめてあげたいと思うのだけど
土筆を連れて行くので、何も分からないつくさん、私がサリーの側に行くだけで
わんわんヤキモチ妬いて吠えたり、サリーに威張ったりする。
耳元で大きな声で吠えられるとサリーが怯えてしまうので
寝ているのを邪魔してしまうのが忍びなくて、近づかない様にしてしまう。
(・・・と言いながら私自身もそんなサリーを見たくないのかもしれない。)
たまに抱いてやると今までは抱っこが嫌いだったサリー
ちょこんと大人しく抱かれて安心してる様にも見える。
6gあるかないかのサリーはとても軽い。でも暖かい。
もしそんなに永くないのなら、最期を看取ってやりたい。
残された余生の面倒を見るのは私の役目なんじゃないかとも思う。
うちに引取れば暖かい部屋で、いつも見ていてやれる。
そんな思いがここ数日強いのだけど、そうする事で問題も。
まず、土筆がサリーをすぐ受け入れないであろうと言う事。
元気な犬どうしならともかく、サリーは介護が必要になってくる。
土筆のテンション&ヤキモチ行動がかえってサリーのストレスになる事は間違いない。
サリーを連れて来るのなら、土筆を実家に預ける事になる。
土筆は実家はもう一つの我が家で、良く懐いてもいるけれど
そんな頓着の無いつくさんにとっても、我が家は私達と暮らすマンションで
家族は私達という認識はしっかり持っているし、数日預けるだけならともかく
何時までなのか分からない状況だとつくさんにとっても良い事なのか不安がある。
それとやはりサリーにとって安心できる場所は18年過した我が家。
知らない家に連れてこられる事もいかがな物か。
実際、サリーに何をしてあげられるだろう。
私も実家の家族も老犬の介護経験が無いのでただ見守るしか出来ない。
とにかく食事だけは何とかとって欲しい・・・大分痩せてしまったから。
で、いつも御世話になっているHACさんにご相談。
mackeyさん、サリーちゃん、ちょっと具合悪そうですね。
前に言っていた出来物は、大きくなったり、増えたりはしていないでしょうか?
食事に関しては、出来れば、人間の食べるお肉や野菜などをフードと混ぜてあげてください 。
嗜好性も良くて、充分な水分を取らせて上げることも出来ます。
あと、ドンドン、オシッコさせてあげることも重要なことです。
場所は、やはり、ずっと住み慣れた環境の方が良いと思いますよ。
あと、マッサージしてあげるのがお奨めです。
柴犬ですので、触られるのを嫌がる部分もあるかもしれませんが
喜ぶ範囲で、頭の先から、足の先まで、ゆっくり、優しく、マッサージしてあげてください。
血流もよくなりますし、何よりも安心して、リラックスできます。
マッサージオイルなどを使うのも良いですが、何もつけなくても
撫でるというよりも、マッサージという感じで、触ってあげてください。
想像以上に効果満点です。

何をしてあげたらいいのか、何とか食事だけはとって欲しいと思っていたので
とても心強いアドバイスをもらえたと思う。そしてやっぱり、スキンシップが大事。
私は一緒に暮らしていないので、毎日見てあげる事は出来ないけれど
サリーには我が家で、家族の愛情を感じて過してもらいたい。
結局、母にこの役目を委ねるしかなく、負担もかけてしまうけど
くれぐれもお願いしたい。
私の自慰的感情よりサリーにとって一番良い事を選択してやりたい。
私の出来る事はまた、別にあると思うから。
頑張れサリー、幸せで穏やかな日々を過させてあげるのが私の一番の願い。
スポンサーサイト
【2006/01/20 15:18】 犬日記 | コメソト(5) |
<< | ホーム | 初詣 (BlogPet)>>
comments
----
TABASAさんありがとう~。
まだ、寝たきりじゃないんだけどこれから
そういった問題も出て来るよね。
そういうこと考えると、やっぱきちんと面倒見てあげられるのは自分なのかな・・・と思ったり。
(母親も60過ぎてますから)
十三君、土筆の老後を考えるとそうだね、TABASAさんはまだお勤めしてたらとか
私は15年後土筆より元気なのかなとか
先を考えると心配事って出てきちゃうよね。

でも良く変わっても悪く変わってもずっと一緒にいることは間違いないから
そん時はそん時で最善を尽くそうと今はおもうしかないな。
【2006/01/22 15:22】 URL | mackey #K9Etiidg[ 編集] |
----
ごめん、途中で飛んでいってしまった。
タバサが寝たきりの時は、そばに行くとしっぽだけをめいっぱい振って喜んでくれたよ~。添い寝すると安心して眠ってた。
mackeyさんがんばれ~!
【2006/01/21 22:07】 URL | TABASA #-[ 編集] |
--サリーがんばれ~!--
やっぱり心安らかな時間を過ごせることが大事だよねー。
いつも家族が見える場所でいるとか、絶えず話しかけてあげるとか、眠るときもいっしょにいてあげたり。
十三が老犬になったときは、私はまだ定年になってないやろから どうしようかと時々考える~。
自分で歩けなくなった時は失禁したりするから、体拭いてあげたり。オムツはかせたり。同じ体位で寝てると床づれができるから、時々体位交換したり。お水を飲ませたり。
タバサが
【2006/01/21 22:03】 URL | TABASA #-[ 編集] |
--おぉ~。--
らぼさん、せっかくのカキコチャンスに申し訳ない~。
サリーの応援ありがとう。
後はサリーの生きる力に頼るしかないのかも。
私自身頑張れ~としか言いようが無くて。
老犬介護経験のあるお知り合いがいたら
こんなことしてあげるといいよ~みたいな情報よろしくっす。
【2006/01/20 16:57】 URL | mackey #K9Etiidg[ 編集] |
--頑張れサリー--
久しぶりのウインマシンで、さぁ、カキコできると思ったら、わしなんかがさしでがましく言えるもんやない日記で悩んでしまった。
そーやってサリーのことをみんなが思いやってる気持ちはきっと通じてると思うよ。
頑張れ、サリー。
【2006/01/20 15:35】 URL | らぼまる #8iCOsRG2[ 編集] |
please comment











管理人のみ

| ホーム |

design by tylove
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。